リボ払いの仕組みを理解し、計画性を持って利用する

クレジットカードの支払いは一括、分割の他にリボ払いがあります。リボ払いは1ヶ月の支払い額の上限を決めて、それ以上の支払いをした場合には、残りの支払いを来月の支払いにする仕組みをいいます。例えば、毎月5万円を上限と決めた場合、1ヶ月で4万円のカード払いであれば、4万円の請求額になりますが、6万円のカード払いであれば、その月の請求額は5万円で、残りの1万円は来月に繰越します。ただ、支払いが伸びるだけではなく、手数料が発生するため、1万円をカード会社から借りたような仕組みに似ています。リボ払いは毎月の限度額が決められているため、多額の出費をしても毎月の請求額は変わりませんが、その分、手数料の支払額が増えるので、長い目で見ると、大きな出費になります。また、出費を抑えようと、その月は節約しても、先月からの繰越金が多ければ、請求額が変わらないので、支払いに苦労することもあります。リボ払いはカードローンのようなお金を借りる仕組みと似たようなものだと認識し、計画的に利用するよう心掛けなければなりません。特に専業主婦 カードローンで色んなトラブルになる事があるので気をつけましょう!

リボ払いのメリット〜支払額一定とポイント還元〜

最近よくクレジットカードのCMでリボ払いを薦めているものが増えています。そもそもリボ払いとは、支払残高(今後クレジット会社に支払わなければならない金額)に応じて、月々の支払金額をあらかじめ決められた額として支払う方式のことをいいます。クレジットカードというと、翌月に一括払いというのが一般的ですが、リボ払いにすることのメリットはなんなのでしょうか。これには大きく2点あります。まず1点目のメリットは、支払額が月々一定であるため、支払額を抑えることができることです。月々でクレジットカードの利用額は変わりやすいものです。特に貯金があまりない場合、大きい買い物をしてしまった場合、翌月の引き落しができなくなることもあります。そこで、リボ払いを導入することで、返済額を翌月以降に繰越すことによって、引き落しを回避することができます。2点目のメリットは、ポイントの付加が通常のクレジットカードよりも高いものが多い、ということです。クレジットカードを頻繁に利用するなら、ポイント還元率が高いものにしたほうが実質的な値引率が高いケースもあります。各カードの特色をよく検討したうえで導入してみるのもいいかもしれません。

長期の返済期間が必要なリボ払いのデメリットについて

リボ払いのデメリットは、高い金利と借金意識の低さと長期の返済期間が必要になることです。リボ払いの金利は、年15%前後と高い金額になります。定期預金の預金金利が0.1%以下であることを考えると金利水準はかなり高いです。デメリットはそれだけでなく、高金利であることに借金意識の低さと長期の返済期間が加わることでさらに悪化していきます。分割払いであれば、月々の返済額も増加しますが、リボ払いの場合は、常に一定の金額を返済するようになっているため、いつまでたっても返済が終わらない状態となり、常に年15%程度の金利も払い続けるという負の連鎖に陥ります。毎月一定金額のみが引き落としされていくため、借金をしてまで買い物をしているという感覚が薄く、今現在の借入額の実感がわきにくいというデメリットがあります。そのため、本来使えるお金以上に使っていることに気づきにくくなるため、どんどん借金が増えていき、返済期間が延びていきます。